2014/05/29

ワン・ラッフルズ・プレイス商業施設/グランドオープン

シンガポール経済・金融の中心地であるCentral Business District(CBD)に位置するワン・ラッフルズ・プレイス1の低層棟が、5月29日、商業施設としてグランドオープニングを迎えました。

1986年に完成したワン・ラッフルズ・プレイス・タワー1は「世界の超高層100」にも選ばれ、シンガポールのランドマークとして市民に親しまれてきました。隣接するタワー2(2013年竣工)は、タワー1の特徴的な三角形のモチーフをデザインに採り入れ、かつガラスカーテンウォールで現代的なイメージを形成しています。今回のプロジェクトでは、タワー2で用いられている三角形のモチーフによる外装デザインを低層棟にも引き込むことで、この複合施設全体に統一感をつくり出しています。また、この三角形モチーフの部分にはカラーガラスを用い、オフィス街における商業施設らしさを前面に表現しています。この低層棟は、CBDのランドマークであるラッフルズプレイスに新たな息吹をもたらし、周辺地域の再生・活性化に寄与します。

« back to archives