2015/07/08

山梨文化会館/免震改修安全祈願祭

山梨文化会館(設計:丹下健三、1966年竣工)の免震レトロフィット改修安全祈願祭が、7月7日に執り行われました。

この建築の特徴は直径5mの円形シャフト16本が建物を支える構造ですが、この円形シャフトの地下階の柱脚部に免震装置を設置し建物全体の免震化を図ります。地下階に免震層を設けることで、建物全体のデザイン性を維持し、また工事中も地上階の執務スペースを利用できるというメリットがあります。

この改修により、竣工当時のコンセプト、意匠性を維持しつつ、今後さらに50年先も、その時代が求める機能性を備えた建築として地域の方々にご利用いただけることを願っています。

« back to archives