2012/09/19

ワン ラッフルズ プレイス タワー2がグランド・オープン

近年、アジアの国際的ハブ機能を持つ国として世界からの注目を集め、また、日本でもCM放映などをきっかけに観光スポットとしての注目度が高まっているシンガポールにて、ワン ラッフルズ プレイス タワー2が9月18日、グランド・オープンを迎えました。敷地は、シンガポールにおいて歴史的に意味深く、また、飲食店や商店が立ち並び観光エリアとしても人気のシンガポールリバーを前面に臨み、シンガポール経済・金融の中心地であるCBD(中心業務地区)エリアに位置しています。
ワンラッフルズ プレイス タワー2は、OUBセンター(現ワン ラッフルズプレイス タワー1)の別館改修計画として2006年に設計が始まりました。OUBセンターは、丹下健三の代表作のひとつであり、竣工当時(1988年)アジアで最も高く、現在もシンガポールで最高の高さを誇ります。この度、隣接したタワー2の完成に伴い、OUBセンターはその名称を2つのタワーの総称として、ワン ラッフルズ プレイスと新たにしました。

 

 

 

 

 

 

« back to archives