2013/02/18

ディスカバリー・プリメアの上棟式が行われました

2月13日、フィリピンの首都マニラの南東、マカティ地区にて68階建て高級コンドミニアム、ディスカバリー・プリメアの上棟式が執り行われました。マカティ地区は、Central Business District(中心業務地区)として、多くの世界的企業が集まり、国際的レベルの金融街へと変貌を遂げています。ディスカバリー・プリメアは、マニラでは東京の銀座通りにあたるアヤラ・アヴェニューに面しており、御影石の低層部のファサードは街並みのスケールに合わせたデザインとしています。ベージュを基調とした高層部タワー部分のデザインが、住宅としてのスケール感と住民を優しく迎え入れる柔らかな表情をつくっています。
2013年末の完成を予定しており、住宅としてはマニラで最も高い(238m)タワーになります。

« back to archives